WhiteLock集中監視システム(無料)

WhiteLockシリーズからの通報を自動収集するアプリケーションです。
集中監視システム

集中監視システム

WhiteLock (ホワイトロック)シリーズが通報したメッセージを収集し、監視施設毎に閲覧したり、日報、月報の集計、印刷が出来るパソコン用ソフトウエア。
※WhiteLock110F・WhiteLock22は対応していません。
※ご利用には専用モデム (トーンモデム) が必要です。

機能と特徴

「WhiteLock 集中監視システム」は、WhiteLock (ホワイトロック)シリーズが通報したメッセージを受信し、自動収集をおこなうアプリケーションです。 (※WhiteLock110F・WhiteLock22は対応していません)収集した受信メッセージを監視施設毎に閲覧したり、日報、月報の集計、印刷が行えます。さらに、受信メッセージに対するメンテナンス記録まで行えますので、施設管理、保安業務などに最適です。

今までの集中監視の方法

従来は、高級な端末装置(子局などと呼ばれていました)を各所に点在する現場に設置し、中央に情報を伝送して集中監視を行っていました。また、利用する電話回線は一般電話回線や専用線を利用していました。これらの回線は設置料金も高く、工事に日数もかかります。毎月の基本料金も事務用料金となるため、安くはありません。私どもは、現場で異常や故障が発生したとき、遠隔制御や自動で予備機に切り替わらないシステムなら高級な監視装置を設置しても意味が無いと考えます。

新しい集中監視システムとは

  • 中央側にパソコンと専用モデム(トーンモデム)を利用します。
  • 中央側にノートパソコンを使用した場合は簡単に移設が可能です。
  • 故障や異常の記録の他に漏電電流の監視などへも利用できます。

監視施設毎に通報メッセージの記録が可能

監視区域や施設が複数あるときに、予め設定された方法で受信したメッセージを自動的に施設毎に振り分け記録します。

状況に応じて受信メッセージの振り分けが可能

受信したメッセージは、「緊急」、「解除」、「通常」、「全解除」、「その他」の種類に振り分けることが可能です。 種類別に振り分けたメッセージは監視画面では種類毎に色を変えて表示されます。これにより、故障や以上情報をすばやくパソコンの画面で確認することができます。

受信メッセージの印刷

受信したメッセージを集計し、日報や月報としてプリンタで印刷することができます。また、メッセージの種類を、「緊急・警報」としたメッセージを受信したときは、自動的に印刷を行わせることも可能です。

パソコン再起動時に収集の自動再開

監視用パソコンが停電などの障害により電源がOFFになってから、再起動すると自動的に集中監視ソフトを起動し、収集の再開を設定することができます。

ヘルプ画面編集機能

集中監視ソフトのヘルプ画面は自由に編集することができます。システムの管理状況に合わせて、メンテナンス方法等を入力して下さい。

アドコンへのお問い合わせは下記までどうぞ

株式会社アドコン
〒690-2101島根県松江市八雲町日吉3-24
TEL 0852-54-2036 FAX 0852-54-2196
ホームページからのお問い合わせ